2016年02月16日

インターンシップについて その2

みなさまこんにちは。野尻です。

前回は新年一回目のブログということで年初に思う事を記させていただきましたが、今回は昨年最後のブログで予告させて頂いた通り、インターンシップ制度について、不明確な部分があるという仮説を基に、新卒の方に向けて『INSIGHT NOW!プロフェッショナル』増沢氏の記事の抜粋を含めてご説明できればと思います。

繰り返しになりますが、私がインターンシップ制度に興味を持ったのは、オーエスエー創業前にいた会社でインターンシップ制度を利用して協働を進めていた学生たちが物凄く頑張っている姿を見て、このモチベーションはすごい!と思ったことがきっかけです。就業体験というのがインターンシップそのものであり、目的です。ただ、現状として何を以ってインターンシップかという定義がない状態であり、インターンシップ制度がなぜ不明確なのか、ということです。

インターシップ制度はその中身が色々あります。就活目的もありつつ、保証ではない。そんな不明確な存在となっている理由に、企業イメージの問題があるようです。

企業の本音でいえば、良い学生が来たら欲しい、採用したいのは当然。インターンシップを通じて評価できる学生であれば、単に面接で選んだだけに比べ、より長い時間をかけて人物や能力を見ることができる分、判断にも信頼を持てますが、これは反作用もあり、面接だけならボロが出なかったかもしれない欠点が、長時間にわたって隠し通すことができなくなります。「インターンの結果、応募しても不採用」というのは当然あり得る結果です。どちらの結果になるかは、やるまでわかりません。
しかしここで「インターンシップで良い人は採用します」と宣言してしまうと「採用活動への申合せ違反」「就活早期化をするけしからん企業」というような批判をあびるリスクがあるようです。コーポレートイメージ的に、コンプライアンスに反するような印象を持たれることを、今の経営環境下ではできません。だから宣言や明確化は普通しないのです。正確にいえば、就活時期問題は法律でも何でもない、経済団体の申合せにすぎず、破ったところで違法でもコンプライアンス違反でもありません。

だからこのインターンシップ制度は不明確なのですね。

そこで、増沢氏は、「自分の売り(理系なら専門・専攻・対象分野)とその企業の事業領域やビジネスモデルが合うのか合わないのか、そんなことを「自分で感じとる場」がインターンシップ」としています。
自分の売りとばっちり合致する場合もあれば、実は全然つながらないと思っていたその職務、その製品・サービス、その会社と意外なところで一致点が見つかった。逆にばっちり合うと思っていたら、想像と違うことを求められる職務だったという気付きが得られれば、これまたインターンシップの価値。

様々な書籍や記事を見て、私はこの定義付けが一番しっくりときました。
つまり、学生の立場に立ってみれば、実際に働いている人と接する事ができるこの制度は、ご自身にとって視野を広げる貴重な経験になります。

当社は、このスタンスでインターンシップ制度を導入したいと考えています。現在、ホームページにて新卒採用のコーナーを設けておりますが、面接ではご興味のある方とインターンシップ制度について正直に話し合いたいと思っております。

※参考資料 『INSIGHT NOW!プロフェッショナル インターンシップと就職の関係を語ろう』


posted by Exection at 20:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。