2016年07月01日

人材配置を誤ると…

みなさまこんにちは、野尻です。

当社はまだスタートアップ、などと思っていたら、おかげさまでいつの間にか社員も増えて、それぞれの役割も決まってきました。
ここで、経営を担当する私として避けて通れないのは人材の配置です。

今の時点で問題はなく、各々もそれぞれの目標に向かって進んでいるのですが、人材配置を誤るとストレス社員が増えるという興味深い記事を見つけました。

これはまた、当社がクライアント様へ人材の提案をする際にも言えること。会社にとって、人材配置は重要な事でもあります。当社が送り出す人が最高のパフォーマンスを発揮してもらうためには、その人を適切な場所へ配置する必要があります。
 

この記事では「ストレス」という事に焦点を当てていました。心療内科医の海原氏がインタビューに応じています。現代社会の中で「男らしさ」というイメージが男たちを苦しめている、と彼女は著書で指摘しました。程度の差こそあれ、働く世代の多くが共感するところかもしれません。

個人の気質的な問題と、社会の仕組み自体の問題が絡み合って引き起こされているように感じますが、という記者の問いに対して、海原氏は「その通り」だと言われています。彼女は女性を多く診ていたようで、男性に関しては「妻の背後に見える夫」という立ち位置で感じていました。

そのときはまだ、仕事は大変だったかもしれないけれどプライドがズタズタにされるようなことはなく、軽いストレス解消法で乗り切れることが多かったと思うことも。

しかし、経済的基盤が揺らぎ、会社は成果主義へと変貌を遂げ、さらに日本の場合は結果主義を求める一方で勤務時間まで見張られているような状態で、一人だけ早く帰社するのが難しいのが現状となると、つまり、会社自体のあり方も一緒に考えていかなければ、男性たちが抱える“生きにくさ”を是正することはできないと言われています。

経営者たちは人件費を減らすために正社員をばさばさカットし、派遣社員や契約社員を採用することに躍起ですが、そんなことをしても決して社内の雰囲気は改善されません。そもそも派遣社員や契約社員の人は正社員に比べて自分の裁量でできる範囲が限られていることが多く、待遇にも差があります。

このようなことから生じる軋轢(あつれき)は、派遣社員や契約社員はもちろん、正社員にとってもストレス要因につながりやすいと指摘しています。

人件費削減の前に会社がやるべきことは、社員一人ひとりの適性をきちっと把握すること。そして、彼らの持つスキルや才能が発揮できる配置転換を考えることにほかなりません。
そして、ここから「やらされている感」をなくすことで会社全体の雰囲気が変わる、と論理は展開していきます。

「やらされている感」をなくすこと。
これは企業にとって、永遠のテーマですね。

次回も、この話の続きをしようと思います。


※参考資料:NIKKEI STYLE 2016年2月29日
人材配置を誤るとストレス社員が急増する



posted by Exection at 15:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。