2016年10月03日

イノベーションを起こす人材とは その1

みなさまこんにちは、野尻です。

先日、日経ものづくりを読んでいましたら、「イノベーションを起こす人材を急いで育成しないと生き残れない」。そんな危機感を持つ大手メーカーが増えているという記事を見かけました。技術の革新と融合が進む中、新たにユニークな商品が登場し、瞬く間に市場を席巻するケースが目立っているとか。

例えば、家電。かつては日本の大手メーカー同士の競争が主戦場でしたが、最近は欧米のベンチャーや中国などアジアの新興国メーカーがライバルになるケースも多くなっているとのこと。瞬く間に市場を奪われるリスクがある中では、大企業でも既存のビジネスに安住してはいられなく、米国のシリコンバレー流の手法などを参考に、イノベーションを起こす人材を急ピッチで育成しようという動きが加速しているようです。

この記事では富士ゼロックスやソニーの事例が載っていました。
このままでは複合機のビジネスモデルは崩壊する。富士ゼロックスの幹部はそんな危機感を強めているようです。確かに、周囲を見ても、紙で配っていた会議の資料をiPadなどのタブレット端末で閲覧したり、研修がインターネット経由になり紙の資料を使わなくなったりする動きが広がっています。
「複合機で紙を1枚印刷してもらうたびにお金が落ちるというビジネスは間違いなく縮小する。当社が生き残るには、新しい価値を生み出す人材の育成が欠かせない」。富士ゼロックス教育部部長の丸山孝幸氏はこう説明したようです。

それでは、新しい価値を生み出す人材をどうやって育てるのか。富士ゼロックスはイノベーションを生む潜在能力が高い人材の発掘に取り組んでいるとのこと。2015年に役員を含む社内の全技術者6500人を対象に約50項目のテストを実施。「商才」「創造性」「行動力」「戦略性」「対人感受性」などを測定したようです。

実はイノベーションを起こす潜在力が高い人材には、一般的に優秀とされる人材とは異なる特徴があるようです。

それは何か、次回はその真相に迫ろうと思います。


※参考資料
日経ものづくり「いでよ異端児 富士ゼロックス、脱・常識で革新創出」


posted by Exection at 16:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。