2015年10月01日

営業職と女性

 みなさまこんにちは。野尻です。
 以前、当社のスタッフが本ブログで営業について記させて頂きましたが、その際に多くの反響を頂きました。しかも、意外にも女性からの声が多く、ちょうどよい記事が9月9日の朝日新聞でありましたので、そちらの記事を参考に今回のブログを書かせて頂きます。

 営業職と女性。今回はズバリ、なぜ営業職に女性が少ないか、です。
 記事では『営業職に女性管理職が少ないのはなぜ?』とありました。大手企業7社の若手の営業を担当する女子がタッグを組んで、これを課題とし、解決に挑んでいるようです。研究をして成果を発表し、解決策を役員らに直接提案するというもの。

 確かに、女性の営業管理職は少ないですね。志塚もブログで記していました通り、今年の8月末に、大企業に女性登用を促す「女性活躍推進法」が成立しました。しかし、日本は女性管理職の割合が1割程度。3割超の欧米より低いのです。そのような中でも営業職での昇進は、少ないとされています。

 今回、タッグを組んだのはリクルート、サントリー、キリン、日本IBM、KDDI、三井住友銀行、日産自動車の7社。この7社は昨年、「新世代エイジョカレッジ」なるものを立ち上げました。
異業種の営業女子が交流をして、営業女子を増やす策を探るのが狙いだそうです。2期目の今年は5月から、各社の営業女子29人が5チームに分かれ、話し合ってきたとの事。
 営業は経験が無い人からすると敬遠もされがちですが、結構科学的であり、プロセスを理解していれば男でも女でも差はないと思いますし、やってみると面白い。ですので、このような交流会があること自体、私は嬉しく思います。

 発表会では、20代の女性営業職は各社平均で4割ほどいますが、30代で3割を切り、40代以降は激減していることが報告されました。原因は、みなさんの予想通り、「育児と営業職の両立は困難」との思い込みがあって、出産後に営業を離れて戻ってこないことのほか、育児中の先輩社員が身近にいないことや営業先やマネジャーの無理解、日常的な長時間残業も背景にあるといいます。
 OSAのブログを以前より読んで頂いている方には周知の事実ですが、当社には育児の経験がある男性スタッフがおります。待機児童問題の壁にぶち当たり、奥様と、どちらのキャリアを今回は優先しようかと話し合った結果、夫の方が育児をすることになりましたが、この研究では解決策として、パソコンに終業までの残り時間を示して生産性を上げるアプリの開発や、結婚や出産なども含めたキャリアプランを上司と共有できる面談シートなどを提案したようです。

 参加した日本IBMの方は「営業職の本質的な楽しさを考えられた。続けていく勇気が持てた」と話したようで、三井住友銀行の常務は「経営側に突きつけられる気づきがあった。アイデア実現に向け動いていきたい」との事。
 このように経営サイドと従業員サイドが一つのテーマを共有し会社の力を高めていって欲しいと思います。

 当社は営業・技術・バックオフィス、経営・従業員。男・女や先輩・後輩といった役割、性差、年齢の分け方以前に個の力を高め、それぞれが責任を持って仕事にあたり協力できるところは協力し合うという事を目標にしていますので働きやすいはず。。
 とにかく、営業の楽しさを一緒に経験できるメンバーが増える事も私の楽しみの一つであります。


posted by Exection at 22:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

来年度から新卒の採用活動を開始します

みなさまこんにちは。野尻です。
暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。このような時期に、普段の緩い服装からパリっとスーツを着て面接に行かれる学生さんも多いと思いますが、水分補給はこまめにしてくださいね。

さて、当社もいよいよ、来年度からになりますが、新卒採用活動をしようかな、と。
そもそも企業はなぜ、新卒者を採用するのか。理由はいくつかあるようです。『日本の人事部 新卒採用.jp』を参考にすると、

・均質な若年労働力の確保
日本の新卒者は3月に学校を卒業し、4月から働きはじめるというパターンが定着しているので、年齢・学歴・社会経験などの面でほぼ均質な人材を同時期にまとめて受け入れることができ、採用、受け入れ手続き、教育などを一括して実施できる。

・コア人材、リーダー候補の確保
将来、企業の中核を担い、経営の中心となるような人材をポテンシャルの高い新卒者を採用し、社内で育成する方が確実性が高い。

・組織の活性化、強化
若い新卒社員が入ってくると組織全体がリフレッシュし、既存社員は新入社員に教えることで経験を言語化し、自らも成長できる。

・企業文化の継承
特定の企業カラーに染まっていない新卒は自社の風土になじみやすく、伝えていきたい企業文化の担い手としては最適。

・採用活動が広報活動になる
中途採用に比べ、新卒採用の場合は母集団を大きく取るのが一般的。メディアや会社説明会などを通じて、企業の生の姿を広く告知することになり、将来の顧客や事業パートナーを生み出すPR活動ともなる。

と、ありました。
しかし、当社のようなスタートアップ企業にとって、新卒採用については、もちろん熟考しなくてはなりません。やはり、一度社会に出て、ある程度の経験を積んだ「中途採用」者の方が即戦力となって頂ける為、売上貢献度が高く、当社のような企業にとってはありがたいのです。

当社の場合、新卒者を採用する理由は上記のうちの2,3割といったところでしょうか。
やはり、新卒採用は企業にとって大きな先行投資になります。教育期間中は純粋なコストになりますし、OJTも含めて教育を担当する社員の人件費も計算しなくてはいけません。
上記のメリットを受けるのは、ある程度の規模があり、組織的にも確立された企業に限られます。

しかし何故、当社は新卒採用に踏み切ろうとしているのか…。
そこには、当社独自のビジネスモデルがあって、未経験者でも売上げ貢献ができ、バックアップできる仕組み、人材が整備されてきたからです。そして何より、若い人たちに希望を持って社会に出てきて欲しいのです。

当社に興味のある方は新卒者・既卒者問わず、ホームページに設置しました『ニッポンの社長』をご覧になってください。そこに、私たちが若い人材を募集している理由が記してあります。

ちなみに、整備ということでは、この八月より、少し広いオフィスを借りました。営業スタッフを中心に増員予定があります。
この暑い最中、みんなで引っ越し後の片付けをしています。水分補給はこまめにしないといけませんね。。
posted by Exection at 22:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

OSAを支える顔ぶれ

みなさま、こんにちは。野尻です。
おかげさまで本ブログはこれから当社を受けて頂く方だけではなく、新しくお客様となって頂ける会社様、そして、既に取引を開始させて頂いている会社様にも多く見て頂いており、最近は「どんな人がいるの?」という声を頂いておりました。
先日、OSAのビジネスに関わる人を集めて懇親会を開催したのですが、その際に決起の意味も込めて写真を撮影しましたので、写真を使い、この場を借りて紹介を行いたいと思います。

正直申し上げまして他己紹介、意外とムツカシイ…。本人たちにも「ある程度の」合意を得て、この紹介をさせて頂くことになりました。但し、私の期待が大きいために、若干、私的な印象も入っておりますので、実際会われた方からの印象を逆にお聞きしたいとは思いますが、「実はこんな人だったんだ」と、皆様の気づきになれば幸甚です。

IMG_0342.jpg

■上段(右から)
・鍋谷(パートナー)
やはり、「渡辺」や「真鍋」という名前は通称「なべさん」になりますね。私たちも、無論、「なべさん」と呼んでいます。
なべさんはフリーランスのSEですが、それにスーパーを付けたいくらいの広い知識を持っています。SES事業以外にもサイト構築に纏わるイロイロを支援頂いています。
ある一定の範囲を突き詰める方なのに、フランクで話しやすい。バイクが好きなので休日はよく風と一体になっているようです。

・小林(社員)
先月のブログで私のことを初見で冷たいと思ったと告白してくれた3月入社のスタッフです。元々は不動産会社のバリバリ営業、そしてイクメン経験有りの異色の営業マンです。新規開拓も担当してもらっていますが、持ち前の真面目さであっという間に目標は達成してくれる(お客様のお役に立てる提案をしてくれる)と信じています。
家ではきっと、奥さんの方が強いのかも。家庭内稟議を通すのは苦手と言ってました。

・林(社員)
通称は「よっしー」。
よっしーと私の付き合いは長く、元々は私が別の会社で事業を構築していた頃、インターンとしてその会社に入ってきました。当時、大学生だったよっしーは誤解を恐れずに言えば生意気そのもの…。それでも、彼の言う事は正しいという想いから私は目をかけていました。
そんな彼は有言実行型で、当社に入社してから破竹の勢いでLPIC Level3、ITILを取得。現在Oracle Bronzeの勉強中です。
最短の解決策が見えてしまうだけに誤解を受けることもしばしば。とはいえ、「歯に衣着せず」が彼の強みでもあるので、それを許容する会社として当社も成長しなければと思っています。

・野尻(私です)

・武田(パートナー)
とても品の良い、空気を読むのが得意なSEです。
私がビジネス上暴走しそうな時も、「それはお客様にとっては」「それは現場で働く人にとっては」と、いつもその人の気持ちを気遣ってくれる人の良い、優しい心の持ち主。
システム構築の上流工程に彼がいれば、きっと、ユーザーインターフェースの優れたシステムができること間違いなし。


■下段(右から)
・高津(社員予定)
彼女も以前、私がいた会社の仲間です。知り合った当初は二十代前半で、当時は新規事業を担当し、頑張っていた印象でしたが、食品メーカーの事務を経験し、社会人経験も積んできたので久しぶりに会った時には随分としっかりしたと思ったものです。
人のサポートをさせたら天下一品です。

・志塚(社員)
本ブログにも二回登場の、ITパスポート試験に挑戦中の志塚です。
自分の弱みもわかっていて、「頑張って勉強したら良いよ」と言うと、受験にしろ何にしろ今まで頑張った結果、良い結果になった事があまりないとサラリと言える今どき?な悩み多き女の子。
いつも笑顔で人を楽しい気分にさせてくれますが、きっと、その笑顔の裏には苦労も多いのではないかと思います。
とにかく頑張り屋さんで一生懸命。内に秘めたる情熱が開花するのを、みんな、楽しみに待っています。

・黒田(パートナー)
彼との付き合いも長く、以前、私がいた会社で知り合いました。通称クロちゃん。
彼はその会社を独立して、現在、会社を持たれています。
昔から、彼の結婚式で乾杯の音頭を取らせてもらったり、という仲ですが、どちらかと言うと私が独立した後の方がよく会っています。
お客さんと私を繋げてくれる昔の同僚。本人の前では照れくさくて言えないのですが、この場を借りて感謝の気持ちを伝えたい…。


以上、このメンバーでOSAを運営しています。
残念ながら、この日はドイツにいる鈴木氏は参加できなく、写真の送付をお願いしたのですが、ワンショットでは目立ちすぎるので勘弁してくれ、と言われてしまいました。彼には引き続き、欧州レポートからのビジネスチャンスを考えてもらっています。
また、現在、夏までに事務と営業の方も採用予定です。

当社では事業拡大中の為、引き続き採用活動を行っております。



posted by Exection at 18:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。